床下機器配置 1000N系(池上、多摩川線)

更新

東急池上線、多摩川線で活躍する1000N系電車の床下機器配置を写真で紹介します。

  1. クハ1000形(台車間)
  2. デハ1200形(台車間)
  3. デハ1310形(台車間)
  4. 連結部

クハ1000形(台車間)

海側

写真拡大クハ1012海側(3次車)

主な機器は下り方から順に、冷房制御装置、接地開閉器、静止形インバータ(INV-020型)、SIV起動装置、空気圧縮機(HS-20型)、定位置停止支援装置(TASC)です。

山側

写真拡大クハ1013山側(3次車)

主な機器は下り方から順に、SIVフィルタトランス、空気圧縮機(HS-20型)、元空気ダメ、ブレーキ制御装置、情報伝送装置です。

デハ1200形(台車間)

海側

写真拡大デハ1212海側(3次車)

主な機器は下り方から順に、冷房制御装置、VVVF継電器、VVVF断流器、接地開閉器とその奥にVVVFフィルタリアクトル、100V・24V整流装置、100V・24V蓄電池です。

山側

写真拡大デハ1213山側(3次車)

主な機器は下り方から順に、VVVF主制御器(RG621-A-M型)、VVVFフィルタリアクトル、ブレーキ制御装置です。

デハ1310形(台車間)

海側

写真拡大デハ1313海側(3次車)

主な機器は下り方から順に、冷房制御装置、VVVF継電器、VVVF断流器、VVVFフィルタリアクトル、100V蓄電池、定位置停止支援装置(TASC)、接地開閉器、主幹指令装置です。

山側

写真拡大デハ1313山側(3次車)

主な機器は下り方から順に、VVVF主制御器(RG621-A-M型)、VVVFフィルタリアクトル、ブレーキ制御装置です。

連結部

デハ1200形―クハ1000形間

写真拡大デハ1213―クハ1013海側
写真拡大クハ1013―デハ1213山側

デハ1310形―デハ1200形間

写真拡大デハ1313―デハ1212海側
写真拡大デハ1212―デハ1313山側

当ページ内に掲載している写真は、一部例外を除き自由に転載することができます。詳細は写真や図の転載についてを参照ください。