7700系 先頭車正面

更新

東急池上線、多摩川線で活躍する7700系電車、および十和田観光電鉄譲渡車の先頭車正面写真を紹介します。7000系として新製された時からの形態差違に加え、各種改造によるバリエーションをお楽しみください。

なお撮影時期は2006年~2008年で、現在は廃車になったり形態が異なったりしている車両もあります。

  1. デハ7700形
  2. クハ7900形
  3. 十和田観光電鉄 モハ7700形
  4. 十和田観光電鉄 クハ7900形
東急電鉄7700系 正面形態バリエーション(2008年現在、先頭化改造車を除く)
車号標識灯
高さ
標識灯横
手摺り
窓上
手摺り
窓下
手摺り
非常扉
水切り
幌取付
ボルト
窓下
風取入口跡
前尾灯
台座
前照灯ジャンパ
受け跡
渡り板小型
ステップ
7701標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジなし狭いなし
7702標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジなし広いあり
7703標準標準位置なし短いR付ありありSUS横ヒンジなし広いあり
7705標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジなし狭いあり
7706標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジなし狭いあり
7707標準標準位置なし短いR付ありありFRP縦ヒンジなし広いあり
7708標準内寄り、短いなし長い直角あり小型SUS横ヒンジなし広いなし
7710標準内寄り、短いあり大きいなしあり小型SUS縦ヒンジなし広いあり
7712標準標準位置なし短いR付撤去ありFRP横ヒンジなし広いなし
7713標準標準位置なし短いR付ありありSUS横ヒンジなし広いなし
7714標準若干外寄りなし短いR付撤去ありFRP横ヒンジなし狭いなし
7901標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジボルト4本広いなし
7902標準標準位置なし短いR付あり車掌側のみFRP横ヒンジボルト4本狭いなし
7903標準標準位置なし短いR付なし車掌側のみSUS横ヒンジなし広いなし
7905標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジボルト2本狭いなし
7906標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジボルト4本狭いなし
7907標準標準位置なし短いR付ありありFRP縦ヒンジボルト4本広いあり
7908高い外寄り、短いなし長い直角なし小型SUS横ヒンジボルト4本広いなし
7910標準内寄り、短いあり大きいなしなし小型SUS縦ヒンジボルト4本広い車掌側のみ
7912標準若干外寄りなし短いR付撤去ありFRP横ヒンジ金属板広いあり
7913標準標準位置なし短いR付ありありSUS横ヒンジなし広いなし
7914標準標準位置なし短いR付なしありSUS横ヒンジなし広いなし
十和田観光電鉄7700系 正面形態バリエーション(2008年現在)
車号標識灯
高さ
標識灯横
手摺り
窓上
手摺り
窓下
手摺り
非常扉
水切り
幌取付
ボルト
窓下
風取入口跡
前尾灯
台座
前照灯ジャンパ
受け跡
小型
ステップ
7701標準標準位置なし短いR付ありありFRP横ヒンジなしあり
7702高い外寄り、短いなし長い直角なしありSUS横ヒンジなしなし
7703標準標準位置なし短いR付ありありSUS横ヒンジなしなし
7901標準標準位置なし短いR付なしありFRP横ヒンジなしなし
7902標準内寄り、短いなし長い直角ありありSUS横ヒンジボルト4本なし
7903標準標準位置なし短いR付ありありSUS横ヒンジ小型ボルト4本なし

デハ7700形

デハ7701

写真拡大7701(1次車)

7700系に改造された当初は小型ステップが残っていましたが、後に撤去されました。

デハ7702

写真拡大7702(1次車)

この車両とクハ7901はSRアンテナからの配線が埋め込まれておらず、屋根上に露出しています。

デハ7703

写真拡大7703(2次車)

特筆すべき点は多くない車両ですが、池多摩線に残った7700系で前尾灯台座が金属製の車両は意外と少ないです。

デハ7705

写真拡大7705(2次車)

至ってノーマルな形態で、正面に限って言えばデハ7706との違いがほとんどありませんが、非常扉窓のワイパー取り付け向きが異なります。

デハ7706

写真拡大7706(2次車)

先に同じくデハ7705との違いは非常扉窓のワイパーくらいです。

デハ7707

写真拡大7707(3次車)

この車両とデハ7710、クハ7907、クハ7910の4両は7700系化に際しなぜか前照灯が交換されず、旧型の縦ヒンジタイプとなっています。

デハ7708

写真拡大7708(2次車)

7000系2次車からの改造車であり、非常扉上部の水切りがRのないタイプとなっているなど様々な違いがあります。

デハ7710

写真拡大7710(3次車)

7000系1次車からの改造車であり、非常扉上部の水切りがない、昇降ステップの間隔が異なるなど様々な違いがあります。

デハ7712

写真拡大7712(4次車)

海側にある昇降ステップは小型のもので、設置位置も若干内側となっています。正面では他にデハ7714やクハ7912も同様です。

デハ7713(廃車)

写真拡大7713(5次車)

“歌舞伎”の7700系は幌取付ボルトを撤去された車両もありますが、このデハ7713とクハ7913は残されていました。

デハ7714

写真拡大7714(5次車)

この車両とクハ7912は標識灯横の手摺り位置が他車より若干外側になっています。

デハ7715(廃車)

写真拡大7715(5次車)

サハ7950形からの先頭化改造車です。7700系では唯一の前パンでした。

クハ7900形

クハ7901

写真拡大7901(1次車)

写真では分かりづらいですが、SRアンテナからの配線は埋め込まれておらず、屋根上に露出しています。

クハ7902

写真拡大7902(1次車)

撮影当時、一部車両は写真のようにワイパーブレードが黒色のタイプになっていました。

クハ7903

写真拡大7903(2次車)

この車両とクハ7902は窓下の風取入口跡が車掌台側しかありません。

クハ7905

写真拡大7905(2次車)

この車両はジャンパ栓撤去跡のボルトが上2本しか差し込まれていません。

クハ7906

写真拡大7906(2次車)

クハ7900形のなかではもっともノーマルな形態の車両だと思います。

クハ7907

写真拡大7907(3次車)

この車両とデハ7707、デハ7710、クハ7910の4両は前照灯が旧型の縦ヒンジタイプとなっています。

クハ7908

写真拡大7908(2次車)

7000系2次車からの改造車であり、非常扉上部の水切りがRのないタイプとなっているなど様々な違いがあります。

写真は警笛交換前の撮影。

クハ7910

写真拡大7910(3次車)

7000系1次車からの改造車であり、非常扉上部の水切りがない、昇降ステップの間隔が異なるなど様々な違いがあります。

クハ7912

写真拡大7912(4次車)

海側のジャンパ受け撤去跡が板留めになっているのが特徴です。

また、“歌舞伎”の7700系は大半が小型ステップを撤去されましたが、この車両のみ残っています。

クハ7913(廃車)

写真拡大7913(5次車)

“歌舞伎”の7700系は幌取付ボルトを撤去された車両もありますが、このクハ7913とデハ7713は残されていました。

クハ7914

写真拡大7914(5次車)

この車両とデハ7714、クハ7913は運転台窓下にあるウインドウォッシャー吹出口の形状が他車と異なります。

クハ7915(廃車)

写真拡大7915(5次車)

サハ7950形からの先頭化改造車です。

十和田観光電鉄 モハ7700形

モハ7701

写真拡大十和田観光電鉄7701

元・東急デハ7704です。十和田観光譲渡車では唯一、小型ステップが残存していた車両です。

モハ7702

写真拡大十和田観光電鉄7702

元・東急デハ7709で、非常扉上部の水切りがRのないタイプです。

この車両と東急クハ7908は運転台側の標識灯と手摺りが他車より離れています。

モハ7703

写真拡大十和田観光電鉄7703

元・東急デハ7711です。

7700系改造時、当初から電気指令式ブレーキとして改造されたグループなため、空気管周りの配置が7701, 7702とは異なります。

十和田観光電鉄 クハ7900形

クハ7901

写真拡大十和田観光電鉄7901

元・東急クハ7904です。この車両は目蒲線時代から渡り板が撤去されていました。

クハ7902

写真拡大十和田観光電鉄7902

元・東急クハ7909で、非常扉上部の水切りがRのないタイプです。

標識灯横の手摺り位置も他車とは若干異なります。

クハ7903

写真拡大十和田観光電鉄7903

元・東急クハ7911です。モハ7703と同じ理由で空気管周りの配置が異なります。

写真では見づらいですが、ジャンパ受け撤去跡のボルトが特異な形状をしています。

当ページ内に掲載している写真は、一部例外を除き自由に転載することができます。詳細は写真や図の転載についてを参照ください。