床下機器配置 クハ7900形山側

更新

このページに掲載している車両のうち、クハ7915など一部は廃車になっています。

7700系の床下は、東洋SIV装備車やIGBT-VVVF車など異端車の存在によりいくつかのバリエーションが存在しますが、クハ7900形の山側、各種空気ダメや情報伝送装置のある部分はとくに車両ごとの差違が際立っています。

1~3次車は、当初は7000系時代と同じく空気指令式ブレーキでしたが、5次車登場と前後して電気指令化改造が行われました。さらに、1999年には目蒲線分断に伴うワンマン化対応として、池上線転籍車と同様の工事が行われ、情報伝送装置の更新などが行われています。

4次車からは制御空気ダメのコック設置位置が変更され、ほかの各種コックとまとまった場所となりました。また、識別票(IDタグ)の位置も異なります。

  1. 元空気指令車(1~3次車)
  2. 改造当初からの電気指令車(4~5次車)
  3. サハ7950形からの改造車(5次車)

元空気指令車(1~3次車)

クハ7901

写真拡大クハ7901(1次車)

ブレーキ制御装置より下り方の主な機器は順に、元空気ダメ、情報伝送装置、床下灯、識別票、速度計補償器、除湿装置です。

クハ7902

写真拡大クハ7902(1次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7903

写真拡大クハ7903(2次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7905

写真拡大クハ7905(2次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7906

写真拡大クハ7906(2次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7907

写真拡大クハ7907(3次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7908

写真拡大クハ7908(2次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7910

写真拡大クハ7910(3次車)

クハ7901と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

改造当初からの電気指令車(4~5次車)

クハ7912

写真拡大クハ7912(4次車)

ブレーキ制御装置より下り方の主な機器は順に、元空気ダメ、情報伝送装置、床下灯、速度計補償器、除湿装置、識別票です。

クハ7913

写真拡大クハ7913(5次車)

クハ7912と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

クハ7914

写真拡大クハ7914(5次車)

クハ7912と同じ配置ですが、管やコックなどの細部は異なります。

サハ7950形からの改造車(5次車)

クハ7915

写真拡大クハ7915(5次車)

ブレーキ制御装置より下り方の主な機器は順に、元空気ダメ、除湿装置、情報伝送装置、床下灯、速度計補償器、識別票です。