TS-300系台車(消滅した台車)

更新

1954年に登場した旧5000系では、従来の吊り掛け式に代わりカルダン台車TS-300系が開発されました。初の本格的カルダン台車として基礎構造を確立したTS-301型はもちろん、超低床路面電車用のTS-302型、1電動機2軸駆動方式のTS-311型・TS-312型・TS-315型など、高性能電車の黎明期らしく意欲的な作品が多いです。

ここでは今も譲渡車や保存車で見ることのできる3タイプを紹介します。

  1. TS-301型
  2. TS-302型
  3. TS-315型
形式製造初年最多履数使用車両備考
TS-301(M)動力台車1954年78両旧5000系、旧5200系
TS-301(T)付属台車31両
TS-302動力台車1955年6編成(12台)旧200形連接部台車はTS-501型
TS-315動力台車1961年12両旧6000系C編成

TS-301型

TS-301動力台車

写真拡大熊本電気鉄道モハ5102A
写真拡大熊本電気鉄道モハ5101A

旧5000系、5200系に使用されたTS-301型台車で、下揺れ枕を廃し外板を薄くするなど、車体とともに大幅な軽量化が計られました。

2本の横梁からそれぞれ吊り下げられた主電動機は車軸に対して直角に配置され、駆動装置で結ばれる直角カルダン方式となっています。軸箱支持は旧デハ3800形などで採用経験のあるペデスタル軸ばね式であり、後のTS-800系台車の基礎にもなっています。

徹底した軽量化の弊害で後に外板補強を余儀なくされたのですが、補強形態にはバリエーションがみられます。

TS-301付属台車

写真拡大(旧)上田電鉄クハ5251

同形式の付随台車で、主電動機等を搭載しません。旧5000系グループのT車は、岳南鉄道譲渡車の引退をもって現役から退きましたが、上田電鉄とアルピコ交通に保存車が残っています。

TS-302型

TS-302動力台車

写真拡大(旧)デハ204

1955年に登場した玉電用連接車デハ200形の動力台車。超低床車の先駆けともなった存在で、車輪径は510mmです。車輪の内側に側梁を置く内軸箱方式となっており、外側に露出した基礎ブレーキ装置が目立ちます。なお、連接部は一軸台車として有名なTS-501型(写真)であり、付随台車となっています。

デハ200形は1969年の玉川線、砧線廃止とともに引退しましたが、電車とバスの博物館(www.tokyu.co.jp)に1編成が保存されています。

TS-315型

TS-315動力台車

写真拡大弘南鉄道デハ6007(モーター側)
写真拡大弘南鉄道デハ6007(第1段歯車装置側)

1960年に登場した6000系では、製造費を安くかつ全電動車編成に匹敵する運転性能を実現するために1電動機2軸駆動方式となりました。すなわち、1つの台車に搭載する主電動機は1個となり、その構造はもちろん外観も非常にユニークです。また、サハ5368のTS-308型台車で試用されていた空気ばねを本格採用したのもこの車種が初めてです。

現在、弘南鉄道大鰐線に残る車両はC編成と呼ばれた量産車であり、台車はA編成のTS-311型を改良したTS-315型となっています。主電動機の取付方はA編成と同じく平行式ですが、軸ばねはゴムから金属ばねへ、基礎ブレーキ装置もドラムブレーキから一般的な両抱き踏面式になるなどの変更点があります。