補助電源装置(譲渡車両)

更新

東急電鉄からの譲渡車に搭載されている電動発電機、静止形インバータのうち、譲渡先に合わせて交換、改造された機器を紹介します。

東急時代と同一仕様のまま使われている機器は現役器消滅器のページを参照ください。

  1. 小容量MG
  2. 大容量MG
  3. 大容量SIV

小容量MG

TDK-359

東洋電機製造、9kVA

写真拡大熊本電気鉄道モハ5102A

主要機器は東芝製で統一されていた旧5000系ですが、福島交通と熊本電気鉄道譲渡車は降圧化のため、CPなどとともに換装が行われました。現在、熊本電鉄に残る2両には東洋電機製のものが積まれています。

MG調整器は新製されたものであり、オリジナルや寄せ集めが大半を占める床下機器の中でひときわ異彩を放っています。

TDK-366

東洋電機製造、5.5kVA

写真拡大北陸鉄道モハ7112

北陸鉄道に譲渡された7000系は足回りや床下機器が一新されていますが、MGも他社からの転用品に交換されました。

なお、冷改車(モハ7001、クハ7011以外の8両)には各車床下に富士電機製のパワーユニット(写真)が搭載されています。

大容量MG

TDK-3725

東洋電機製造、75kVA

写真拡大水間鉄道デハ1002

水間鉄道1000形のうち、非冷房車から改造されたデハ1002はMGを大容量タイプに換装しています。

また、50kVA-SIVを搭載していたデハ1006, 1008も、それぞれ2012年と2007年にこのMGへ換装されました。

大容量SIV

BS-477(B)

東芝

写真拡大水間鉄道デハ1004

水間鉄道に譲渡後、現地で冷改されたデハ7101(現在のデハ1004)はBS-477のB型を搭載しますが、A型とは大きく異なる外観をしており、インバータ部の前面蓋が網目状に開口したものとなっています。

BS-483(G)

東芝、90kVA

写真拡大豊橋鉄道ク2810

上田電鉄クハ7551は豊橋鉄道へ譲渡されましたが、搭載していた50kVA-SIVは換装されました。また、豊橋鉄道ク2807~2809は冷房電源用の大容量MGを搭載していましたが、2009年に置き換えが行われ、当SIVに換装されています。

INV-029(富山地方鉄道17480形)

東芝、170kVA

写真拡大富山地方鉄道モハ17482

富山地方鉄道に譲渡された8590系は、モハ17480形偶数車(東急デハ8690形)に搭載されるINV-029型に改造が施され、インバータ部の前面網目に覆いが付けられました。

INV-006(豊橋鉄道ク2806)

東芝、90kVA

写真拡大豊橋鉄道ク2806

50kVA-SIVを搭載していた豊橋鉄道ク2806は、譲渡後にク2801~2805と同じ90kVAのSIVへ載せ替えられましたが、製造年が新しいためほかの個体とはインバータ部の前面蓋形状が異なり、網目状の開口面積が小さくなっています。

CDA-021

富士電機、30kVA

写真拡大十和田観光電鉄デハ7204

十和田観光電鉄に譲渡されたデハ7200形は2002年の譲渡に際し、単行ないし電動車同士の2両で運転されるため、富士電機製の電源装置を新設され、従来のMG(CLG-339型)は撤去されました。

2012年に路線廃止されましたが、車両は七百駅跡に保管されているようです。