図書

ログインすると未承認データの閲覧や新規データの登録ができます。

  1. 2019年(1件)
  2. 2018年(7件)
  3. 2017年(4件)
  4. 2016年(3件)
  5. 2015年(15件)
  6. 2014年(4件)
  7. 2013年(6件)
  8. 2012年(11件)
  9. 2011年(10件)

2019年(1件)

  • 表紙: まどか、ほむら。

    p.3: 表紙と同じイラスト。

    pp.4-51: 『魔法少女まどか☆マギカ』のイラスト、原画、ラフ。

    pp.52-65: 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のイラスト、原画、ラフ。

    p.239: インタビューの中で、岸田隆宏のシャープな画に影響を受けたことに触れられる。

    裏表紙: キュゥべえ。

    小冊子(谷口淳一郎のうすい本): Twitterで発表したイラスト(一部をモーメントにまとめた(twitter.com))、宮本幸裕からのコメントが掲載。

    インタビュー等
    谷口淳一郎
    版権イラスト
    谷口淳一郎

2018年(7件)

2017年(4件)

2016年(3件)

2015年(15件)

  • pp.42-43: 「MADOGATARI展」(大阪、札幌)の広告。42ページはまどかとひたぎのキービジュアル、43ページは『<物語>シリーズ』の原画や会場・チケット情報。

  • pp.181-203: 「TVアニメにおける〈作家/作者〉――『魔法少女まどか☆マギカ』における演出スタイルから」(禧美智章)で虚淵玄の脚本、新房昭之によるいわゆる「シャフ度」の演出、および劇団イヌカレーと「イヌカレー空間」についての紹介、考察。

  • p.139: 「History of Anime 1989-2015」(氷川竜介)の「CONTEXT_08 Introduction of game Factors」にて、時間ループ感覚の観点から『Puella Magi Madoka Magica』に触れられる。

    pp.210-211: 「History of Anime 1989-2015」(氷川竜介)で『Puella Magi Madoka Magica』の作品紹介、TV版キービジュアル掲載。

    p.360: 作品年表の2011年に『Puella Magi Madoka Magica』。

    インタビュー等
    氷川竜介
  • 発売日

    pp.35-36: 「2014年アニメジャンル作品別Blu-ray売上本数」で[新編]限定版が1位になったことについて言及(ちなみに同DVD通常版は16位)。

  • 『永遠の0』(原作小説)と『魔法少女まどか☆マギカ』について、主人公が自己犠牲(方や特攻、方や魔法少女化)を最終局面近くまで拒否する観点から、両作品の類似性を考察。

  • グラフ: アルティメットまどか1/8スケールフィギュアの写真(3点)。

    p.22: 2011年に『魔法少女まどか☆マギカ』でアニメと同時にフィギュアの制作を進めた話。

  • p.153: TVシリーズ第7話の聖地として群馬県前橋市の「前橋公園」が紹介。

  • pp.138-139: 「アニメ史1989-2015」(氷川竜介)の「CONTEXT_08 ゲーム的要素の導入」にて、時間ループ感覚の観点から『まどか☆マギカ』に触れられる。

    pp.214-215: 「アニメ史1989-2015」(氷川竜介)で『まどか☆マギカ』の作品紹介、TV版キービジュアル掲載。

    p.370: 作品年表の2011年に『まどか☆マギカ』。

    インタビュー等
    氷川竜介
  • pp.108-121: 「キューポッシュ 佐倉杏子」の紹介。企画、商品開発の流れの説明と、デジタル原型の制作過程など。

  • pp.70-74: 第3章「少女は世界を変える――隣の<魔法>少女たち」(須川亜紀子)で『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』シリーズが題材にされる。

  • pp.26-47: TVシリーズの背景素材を20点紹介。

    p.131: インスパイアード社が2011年の『魔法少女まどか☆マギカ』において作品全般の美術を担当することになったこと、稲葉邦彦氏がこのタイミングで美術監督として同社に加わったことに言及。

    p.135: インスパイアード社の美術監督作品の一つに『魔法少女まどか☆マギカ』。

  • pp.160-162: 岩上敦宏のインタビューで「君の銀の庭」の依頼時に、梶浦由記に脚本を読んでもらっただけで具体的なことを言わなかったことなど。

    インタビュー等
    岩上敦宏
  • pp.21-83: 著者の宮台真司と虚淵玄との対談(2013年3月、2014年1月収録)。新編パートA~Cのアフレコ台本写真掲載。

    インタビュー等
    虚淵玄
  • pp.116-119: [前編]パンフレットに使われているフォントの紹介。欣喜堂の「まどか」というフォントが存在する小ネタ紹介も。

  • pp.125-140: 「まどか☆エチカ、あるいはキャラの倫理」(ユリイカ2011年11月臨時増刊号の同名原稿の再構成)

    p.288: あとがき

2014年(4件)

2013年(6件)

2012年(11件)

2011年(10件)