コマンド プロンプトからネットワーク ドライブにアクセスできない場合の対処法

公開日:

Windowsのコマンド プロンプトでネットワーク ドライブにアクセスしようとしたら、次のようなエラーが発生。もちろん、接続先マシンは起動しており、ネットワークも正常な状態です。

C:\>cd /d z:

指定されたドライブが見つかりません。

調べてみると、こんな文書がありました。

ネットワーク ドライブを割り当てるには、次の手順を実行します。

(中略)

net use x: \\computer name\share name と入力します。x: は共有リソースに割り当てるドライブ文字です。

なるほど、明示的に接続コマンドを実行しなければならないのですね。

ちなみに、エクスプローラーからアクセスすると自動的に接続されるようなので、CUIを使わない場合は、「接続」「切断」といった概念はとくに意識する必要はなさそうです。

逆に、GUI操作で「接続」されたにも関わらず、net useコマンドで割り当て処理を実行してしまうと、システム エラー 85(support.microsoft.com)になってしまいます。とくにバッチ処理の場合は困ることになりそうですが、

if not exist x: (net use x: \\computer name\share name);

のように、「接続できなかった場合のみnet useを実行する」ようにすれば、どちらの状態にも対応できそうです。