C96 サークル頒布物情報

公開日:

修正日:

今回は鉄道ジャンルでのサークル参加となります。

お品書き

鉄道本、まどか本の新刊それぞれ1種、およびまどか本の既刊4種の計6種を用意しております。

図拡大
図1:C96 お品書き

【鉄道本・新刊】東急7700系形態分類

池上線、東急多摩川線で活躍した東急7700系の形態バリエーションについて、2010年時点の在籍車36両を徹底解析しました。

2017年8月のC92でコピー本「東急7700系形態分類 in 2010 Vol.1 車外編」を頒布したのですが、それを大幅に改定のうえ、車内のデータを追加収録した本となります。

図拡大
図2:「東急7700系形態分類」の表紙

【まどか本・新刊】マギアレコード海外版動向

マギレコ中国版、繁中版、北米版のゲーム概要、イベントレポート、街頭広告の掲出例などを紹介します。

図拡大
図3:「マギアレコード海外版動向」の表紙

まどか本「円環ピクトリアル」の既刊

バックナンバーのうち、在庫のある4種類を頒布します。

これら既刊については、冊子の在庫、電子版の有無、国会図書館の収蔵状況が本によって異なる状況になっているため、在庫一覧表を作成しています。

支払い方法について

現金のほかクレジットカードが使えます。

図4:取り扱いブランドロゴ(Mastercard、VISA、American Express)
  • 取り扱いブランドは Mastercard、VISA、American Express の3種で、一括支払いのみの対応です。 JCB などは使えませんのでご注意ください。
  • 当サークルが用意する読み取り機器にお手持ちのクレカを接触させます。カード番号は当方の機器には保存されませんが、サークル関係者(私と売り子)が操作する管理画面には末尾4桁の数字が表示されます。
  • 暗証番号の入力は不要ですが、当サークルが用意するタブレット機器に指でサインを入力いただきます。サイン情報は当方の機器には保存されません。
  • (希望される方のみ)EメールまたはSMSでの電子レシートを発行します。レシートは現金払いの場合でも発行可能です。
  • 混雑時や機器不調の場合など、現金での支払いをお願いすることがあります。
写真拡大
写真1:カードの読み取りの様子

頒布物が入手できなかった場合の対応

以下の文章は8月11日夜に追記したものです。

C96の3日目(8月11日)の入場待機列において、複数の方が熱中症などで倒れられたという事態が起こったようです。これを受けて準備会からも3日目の一般参加者入場についてのお詫びと4日目の対応方針(www.comiket.co.jp)というお知らせがなされています。

運営側の不手際などいろいろ思うところはありますが、取り急ぎサークル参加者としてできることはなるべく早朝から並ばなくても良い状況にすることだと考えており、当サークルでは以下の対応を行います。

  • 今回出す新刊は電子書籍(Kindle)でも販売します。制作面での事情により、鉄道本「東急7700系形態分類」はリフロー型、まどか本「マギアレコード海外版動向」は固定レイアウト型のみの販売となりますが、コミケットで冊子を購入しなくても同一の情報は入手できる体制を整えています。
  • いずれの新刊も国会図書館の東京本館および関西館への納本を予定しています。電子データではなく冊子で閲覧したい場合でも、国会図書館へ行けば見られる状況になります。(ただし納本はすぐできるとは限らないので数か月単位でのタイムラグは発生します)
  • まどか本の既刊に関しても、ほとんどの号はPDFやKindleなど電子データでも提供しています。
  • そもそも想定される需要に対して多めに刷っているので、早期に売り切れる可能性は少ないと考えています。

要するに、少なくとも当サークルの頒布物のために早朝から並ぶ必要はないということです。

もしも、万が一早めに売り切れてしまい、冊子を入手することができなかった方に対しては以下の対応を行います。

  • どうしても紙媒体で欲しい方に対してはコピー本として後日郵送対応します(サークルスペースにてお名前や住所など連絡先を伺います)。コピー本の場合でも価格は変わりません。そこはご容赦ください。
  • 電子データで良いがKindleでは不満という方に対しては、確実なお約束はできませんが、個別に要望を伺い、別の方法を検討します。

恐れ入りますが、サークルスペースにてこちらから積極的なお声掛けはしませんので、上記のいずれかの対応を希望する旨を申告してください。

また、私としても毎回大混雑するコミケットに対し、サークルとしてどのような頒布方法をすれば最良なのか試行錯誤を繰り返している状況ですので、ご意見等あればメールフォームTwitter(Twitter)からお寄せいただければと思います。

正直なところ、いわゆる大手サークルと比べて頒布数も多くない当サークルがどんな対処をしようとも雀の涙ほどの改善にもならないかもしれませんが、やらないよりはマシだろうと考え、上記の対応を行うことにしました。

それでは体調には充分注意のうえ、お越しいただくようお願いします。