マギアレコード繁中版(台湾/香港/マカオ)リリース記者会見の様子

公開日:

マギアレコードの繁中版(台湾/香港/マカオ)(www.komoejoy.com)が本日配信開始となり、それを記念した記者会見が繁中版公式Facebookアカウントにて現地時間14時30分よりライブ配信(www.facebook.com)されました。

まずは「かかわり」の音楽をバックに女性ダンサー5人組がダンスを披露。

図拡大
図1:「かかわり」のダンス

続いてSo-net台湾の永田博丈さん、Aniplexの外山祐介さん、f4samuraiの佐藤允紀さんの3人による挨拶。外山さんからは日本以外の国では初めてのリリースという発言がありましたが、実際中国版(game.bilibili.com)の方が告知は早かったのにも関わらず、後発の繁中版の方が先にリリースという形になりましたね。

その他の注目発言としては、「繁中版は日本の1年4か月分の改善を盛り込んだ形でのリリース」(外山)、「日本でリリースしたのは朝の4時だったが、毎時間1,000人単位くらいでユーザーが増えていった」(佐藤)などがありました。

図拡大
図2:外山さんの挨拶の様子。向かって右側の女性は司会者。

その後、ゲームシステムの解説を挟んで TrySail の3人によるビデオメッセージ(現地語の字幕付き)が流されました。

最後にいろは、まどかのコスプレイヤーも登場しての登壇者の記念撮影。このとき外山さんは蒼樹うめ先生による鹿目まどかイラストの色紙(www.facebook.com)を持っていました。

図拡大
図3:登壇者の記念撮影

以下、記者会見の様子を紹介したニュースサイトのリンクです。(見つけ次第随時追加)

というわけで正式リリースされた繁中版ですが、本日より早速

が実施、21日からは

が行われるようです。日本のリリース時と似たような流れですが、この真冬の時期に水着衣装が配布されるというのは面白いですね。