サイト更新状況のプッシュ通知を始めました

公開日:

当ブログ記事や「まどか資料館」「東急電車形態研究」の更新状況をプッシュ通知できるようになりました。

プッシュ通知とは

プッシュ通知、ご存じですか。

ウェブサイトの新着通知サービスとしては、以前より RSS/Atom フィードがありましたが、最近は活用している方が少ないのか、当ブログのアクセス数の伸びとは裏腹にフィードの購読者数はほとんど増えておらず、 Twitter の個人アカウントに自動投稿される告知ツイートから来る方が大半です。しかし Twitter は多くのつぶやきが流れていきますから、見逃しも多いものです。そこで、第3の選択肢として注目しているのがプッシュ通知です。

プッシュ通知を購読すると、サイトの更新を検知してお使いの端末に通知が行きます。通知の仕方はお使いの端末や設定により異なりますが、 Windows や macOS なら画面右上か右下にポップアップが出るでしょうし、 Android 端末ならステータスバーに通知アイコンが表示されます。

図拡大
図1:プッシュ通知の例(Androidの場合)

注意事項

  • プッシュ通知には外部サービスPush7(push7.jp)を利用しており、情報の取り扱いについての留意点があります。具体的には、購読状況のデータが運営元の株式会社GNEXへ送信されるなどの点がありますが、詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。
  • 通知はリアルタイムではありません。サイトが更新された時点から最大1時間程度のタイムラグがあります。

購読の仕方

Windows、macOS、Android

各プッシュ通知のリンク先へ行くと、通知許可を求められるので、許可してください。

図拡大
図2:通知許可の例(Android版Chromeの場合)

なお、現時点で Safari や Edge 、あるいは Android の「ブラウザ」(標準ブラウザ)は対応していないようなので、 Firefox や Chrome など対応ブラウザをお使いください。

iOS

専用アプリが必要です。インストールされていない場合は App Store へのリンクが表示されるので、Push7 アプリ(itunes.apple.com)をインストールしてください。

図拡大
図3:iOSアプリのサイト管理画面

購読解除の仕方

購読を止める場合は、ブラウザの設定画面(iOSの場合はアプリのサイト管理画面)から許可を取り消す形になります。

たとえば Windows版 Chrome 53 の場合、「設定」→「詳細設定を表示...」→プライバシーの「コンテンツの設定」→通知の「例外の管理」から変更が可能です。

当記事内に掲載している写真は、一部例外を除き自由に転載することができます。詳細は写真や図の転載についてを参照ください。