コミックマーケット86 3日目

公開日:

修正日:

1日目に続いて3日目も行ってきました。

初日はコンデジしか持って行かなかったのですが、シャフトブースに大きくプリントされた菊田幸一さんの版権絵はきちんと記録しておく必要があると感じ、一眼レフを持って撮影メインでの参戦をしました。

MAG PROJECT

期間中、会議棟(いわゆる逆三角)の下にある大型ビジョンで Manga-Anime Guardians Project の動画「マンガ・アニメを、愛するみんなへ」が流されました。

準備会のツイート(Twitter)によると、各日8時半、12時半、14時の3回流されるとのことで、最初の8時半の部に合わせて現地へ乗り込み。

オリジナル画像表示
写真1:「ありがとう。あなたはわたしの、最高の友達だったんだね。」のシーン
オリジナル画像表示
写真2:まどかの顔アップのシーン

同人誌(まどか☆マギカ以外)

MAGPの撮影が終わったあとは東エリアの待機列に並び、入場は開場から1時間ほど経った11時8分ころ。まずは東5ホール・シ-47abのサークル「はじめまして。」へ。

今回の新刊は神谷浩史さんがゲストとして出演(blog.livedoor.jp)されているとのことで、これは入手したいと思っていました。

シ-88abから続く5884組の待機列を横目に建物外に20分ほど並び、11時半過ぎに確保完了。すぐに東3ホールのまどか島へ向かいます。

同人誌(まどか☆マギカ関連)

1日目と同様、まだひとつも読んでいないので、購入したものを列挙するのみ。感想は読了後に追記します。

大阪大学SF研究会(東Q-44a)

BLEU(東カ-13a)

杏さや本。

毎日のように変な "夢" を見る杏子。作中では叛逆前と叛逆後、さらに "夢" の中の世界が混ざり合っていて、初見では時間軸の理解が難しかったですが、読み返すとすっきりしました。 "夢" の中での約束をしっかり覚えていた杏子と、それを受け入れたさやかに泣きました。

ばかども。(東カ-14b)

C85の冬コミ本。

マミさんの家でのクリスマスパーティを描いた4コマギャグ本と思いきや、後半は杏さやイチャイチャストーリーでした。ありがとうございます。

夏祭りで杏子が一騒動起こしちゃう話。

お金を持ってない杏子が、集合前に綿アメを持っていたのはほむらに買ってもらったのですかね。騒動後にもとあるプレゼントを渡していましたが、杏さや本と見せかけて意外とほむ杏要素が多かったです。呆れながらもなんだかんだで世話を焼いてしまうクーほむ、いいですね。

花柄シャツ(東カ-24b)

「どうしてこの街に来たか覚えてる?」

「叛逆の物語」ではほむらから受けたこの質問を、この作中ではさやかから2回聞かれます。しかし、それに対する杏子の返答はそれぞれ異なっていて……。

もう少しだけ "目隠し" をしていたい。でもそれはとても不安定なもので。ほむらが "叛逆" をしたその裏で、さやかと杏子が何を思い、これからどうしてゆくのか、想像させられる作品でした。

のりのり製菓(東カ-46a・委託)

内容をまったく確認せぬままタイトル買いしましたが、とくに花君要素はありませんでしたw 表紙でさりげなく恋人繋ぎしているほむマミや良し。

まどほむ、杏さやといったメジャーな組み合わせ以外のカップリングがテーマになった話の総集編です。でもなんとなくマミさん成分が多いような。

内容はギャグと百合系が多いですが、時折差し込まれるシリアスな話も好きです。とくにラストから2つめの「Letum non omnia finit.」とか、こういうのに弱いです。

ねた屋(東カ-48a)

C85の冬コミ本、総集編。

見てのとおりマミさん本で、魔法少女のメンバー全員がマミさんを好きすぎるという設定のようです。55〜60ページの「さやかいじり!」のみ、さやかメインの話でした。

namauni(西つ-21b)

これは2日目の分を知人に買ってもらったもの。

久米田康治作品(「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」など)と「まどか☆マギカ」のパロディ作品が含まれています。

後半は改蔵、絶望先生、せかどろの3作品のキャラが入り交じってとくにオチのない話をだらだらと。いえ、久米田ファンにはたまらないですよ。

企業ブース

まどか島での購入を終えたあとは企業ブースへ。

2回目の MAGP を撮影しつつ12時40分過ぎに着いたのですが、すでにシャフトブースは全商品が完売しておりました。2回に分けて16時の終了まで粘り、なるべく人の写り込まない撮影をば。

オリジナル画像表示
写真3:シャフト(211)
オリジナル画像表示
写真4:側壁には菊田幸一さんの描き下ろしイラストと蒼樹うめ先生のまどほむ絵が

それ以外にもアニプレックス、まんがタイムきららなど、まどか☆マギカの商品を扱ったブースをいくつか。

オリジナル画像表示
写真5:美少女Mobage(131)
オリジナル画像表示
写真6:アニプレックス(214)
オリジナル画像表示
写真7:まんがタイムきらら(317)
オリジナル画像表示
写真8:EXhaust(552)

アニプレックスブースでは2か所あるディスプレイで作品の宣伝動画が流れており、まどか☆マギカに関する映像がないかと30分ほど見ていたのですが、映像があまりにも長くて一向にループせず、いつまでも居座り続けるわけにもいかないので、途中で撤退しました。