東急デハ3700形、クハ3750形のKS-33形台車の行方

公開日:

デハ3100形、サハ3100形に続き、東急の吊り掛け台車の話。デハ3700形、クハ3750形が履いていた住友金属製台車「KS-33形」に焦点を当ててみたいと思います。

形式はKS-33L? KS-33E?

とれいん 2010年1月号(Amazon)の「吊り掛け時代の東急台車カタログ」では、この台車の形式は「KS-33L」とされています。しかし、「東京急行電鉄旅客車一覧表」(鉄道ピクトリアルNo.269・1972年9月号)など「KS-33E」とする文献もあります。

末尾のアルファベットについては、「住友台車の歩んで来た道(第1報)」(住友金属1968年10月号)で次のように解説されています。

昭和24年以降末尾の記号を右のように改正した

E イコライザ付台車

J 路面電車用

W ウイングばね形式

東急デハ3700形、クハ3750形は1948(昭和23)年の製造なので、改正前の形式、すなわち「KS-33L」として製作されたのでしょう。社内資料で「KS-33E」となっているのは、メーカー側の形式改称に合わせて後から変更したものと推測します。

東急で使われたKS-33形の行方

KS-33形は吊り掛け時代の代表的な台車の一つであり、銚子電気鉄道では最初期の個体が昨年(2010年)まで活躍していました。製造時期や納入先によってさまざまな形態が存在しましたが、なかでも東急電車が履いていたKS-33形の多くには、枕ばねのオイルダンパ化工事が行われたのは有名な話で、特に「台車のすべて14」(鉄道ピクトリアルNo.106・1960年5月号)や東急碑文谷工場ものがたり(Amazon)では写真付きの解説までされています。

この台車を装備していたデハ3700形、クハ3750形は名古屋鉄道(名鉄)へ譲渡されて3880系として活躍しましたが、名鉄での廃車後も台車はク2800形やク2780形という車両に転用されたようです。

また,東急からのピンチランナー3880系は,昭和60年(1985)までに全廃されたものの,その足であった住友のKS-33Eは,瀬戸線のク2780形や本線系のク2800形の一部にまで再用されている。

私鉄の車両11 名古屋鉄道 より

このうち、ク2780形(3780系)は1996年まで活躍したようですが、廃車後のピク特集の記事にはこうあります。

(8) 3780系

6000系中間車2両6組の瀬戸線転入により,1996(平成8)年5月,残っていた2連6本全車が廃車になった.なお,3781~3784の台車FS35を6780形3両へ転用した.

名古屋鉄道 現有車両プロフィール2005(鉄道ピクトリアルNo.771・2006年1月臨時増刊号) より

電動車であるモ3780形の台車が転用されたとの情報が書かれていますが、ク2780形に関しては何も記されていません。

一方、最近(といっても10年以上前ですが)になって大井川鐵道の旅客車のうち、「しらさぎ」のクハ6060形や元・西武電車であるナロ80形、スイテ82形(www.oigawa-railway.co.jp)の台車がKS-33形に交換されていますが、これがオイルダンパ化された個体なのですよね。

写真拡大
写真1:大井川鐵道ナロ801
写真拡大
写真2:大井川鐵道ナロ801のKS-33形台車

交換時期からしても、名鉄の発生品を流用したように思えるのですが、どうなのでしょうか。

大井川鐵道ナロ80形、スイテ82形のKS-33形台車を検証するへ続きます。