有頂天家族の聖地巡礼に行ってきた Part1(珍皇寺、六角堂、寺町通、夷川発電所)

公開日:

今夏のアニメで注目していた有頂天家族(www.uchoten-anime.com)は「さよなら絶望先生」などでお馴染みの久米田康治先生がキャラクター原案を担当されたということで見てみた次第なのですが、キャラの外見はもちろん、ストーリー自体も素晴らしく、日曜22:00から行われたネット配信は毎週欠かさず見ましたし、その後も1話につき2~3回は見返しており、まあハマってしまったわけです。

この作品は主に京都市内が舞台なのですが、アニメでは実在の建物や街並みを忠実に再現したシーンも多く、実際にこの目で見てみたいと思っていました。いわゆる聖地巡礼というやつです。そんな折、全13話の放送が終了した直後に大阪方面に行く用事があったので、帰りに京都へ寄ってみることにしました。

以下、私が行った場所を写真付きで紹介しますが、午後の半日しかない中でとくに主要と思われるところだけを厳選したものとなります。隅々まで網羅した記事なら日々是妄想(ukatensei.blog50.fc2.com)さんのPV編含む12回にわたる紹介記事などをお勧めします。

あくまで私が訪問した順に紹介するので、アニメ放送順とかではまったくありません。なお、かかった時間は当日のツイート(twilog.org)によると、七条駅に降り立ったのが正午すぎ、最終目的地の司津屋に入ったのが17時すぎなので、およそ5時間となります。それでは行ってみましょう。

六道珍皇寺

まずは京阪電車の七条駅を降りて市営バスで「清水道」へ向かいます。

このバス停から東側へ向かうと清水寺がありますが、西へ数分ほど歩くと六道珍皇寺(www.rokudou.jp)に着きます。

写真拡大
写真1:六道珍皇寺の本堂

本堂裏には「冥土通いの井戸」という冥界に通ずる井戸があり、作中では下鴨家の次男、矢二郞がカエルの姿で住み着いてますが、残念ながら通常は非公開のため近づくことはできません。扉の窓から覗くことはできるので、遠目ながら写真は撮れました。

写真拡大
写真2:冥土通いの井戸(黒い蓋の付いたもの)を覗く
図拡大
図1:アニメ2話での一コマ

六角堂

再びバスに乗って四条烏丸で下車。烏丸通りを少し北上すると六角堂があります。ここは9話「夷川の娘・海星」で狸たちによる偽右衛門選挙の決起集会(?)が行われた場所になります。

その名のとおり本堂などが六角形をしており、また敷地内にある「へそ石」と呼ばれる礎石(これも六角形)は作中で「へそ石様」という狸が長年化けているという設定になっています。

写真拡大
写真3:六角堂の「へそ石」

境内は鳩がたくさんいて、へそ石の上にも1羽乗っていました。写真を撮るためにちょっと退いてもらおうと思ったのですが、手で払ってもすぐに戻ってしまう始末。よほどお気に入りの場所なのでしょうね。

本堂の裏に回ると池があり、なんと白鳥が泳いでいました。アニメではこのエリアは描かれなかったのでこれは予想外。見える範囲だけでも4羽いました。

写真拡大
写真4:六角堂の白鳥

珈琲蔦谷

六角堂のすぐそばにあるコーヒー店。同じく9話で、下鴨一家が集会に来る際の待ち合わせに利用していました。時間の関係で中には入らなかったので外観だけ一枚。

写真拡大
写真5:珈琲蔦谷

南座

烏丸駅から阪急電車で一駅戻り河原町駅へ。四条大橋を渡って京阪の祇園四条駅前には南座があります。

ちょうどイベントの開場時間だったのか、正面入口はものすごい人だかりで撮影どころか立ち止まることもできない始末。ですが、さすがにこちらは誰も居ませんでした。1話で弁天に振られた(?)赤玉先生が休んでいたところですね。

写真拡大
写真6:南座の裏の階段
図拡大
図2:アニメ1話での一コマ

山とみ

四条周辺の鴨川沿いには「納涼床」を出した店が多くありますが、そのうちのひとつ「山とみ」(作中では「竹とみ」)を対岸から。

写真拡大
写真7:山とみ
図拡大
図3:アニメ1話での一コマ

ここは1話で金曜倶楽部が宴会をしていた店です。矢三郎が弁天に矢文を放ったシーンが印象的ですね。

写真拡大
写真8:鴨川ですもの、鴨もいるさ

寺町通

錦天満宮

再び四条大橋を渡って寺町通へ。12話「偽叡山電車」では、電車に化けた矢二郞が寺町通を南下します。

この錦天満宮は商店街のど真ん中にある神社。寺町通はほかにも神社や寺の入口があって、さすが京都だなと感じた次第。

写真拡大
写真9:錦天満宮
図拡大
図4:12話で一瞬だが車窓に鳥居が映る

三嶋亭

ここは5話で金曜倶楽部の宴会が行われた場所。とある事情で参加した矢三郎と淀川教授が肉の取り合いなんかをしましたね。

写真拡大
写真10:三嶋亭

京都市役所前

ここは12話で偽叡山電車に化けた矢二郞が、矢三郎の叫びで「父の最後の言葉」を思い出したところ。

写真拡大
写真11:寺町通(京都市役所前)
図拡大
図5:アニメ12話での一コマ

夷川水力発電所

さて、京都市役所から少し離れるのですが、ちょうどいいバス路線がないので徒歩で移動。鴨川の東側で移動し、少し北上したところに夷川発電所があります。作中では、夷川一家がここの敷地内にある工場で「偽電気ブラン」を作っているという設定でした。

写真拡大
写真12:夷川発電所
写真拡大
写真13:煉瓦のオブジェ(1話アバンタイトルなどで登場)

また、至近にある秋月橋という橋は2話「母と雷神様」で金閣・銀閣と矢一郎が対峙したところです。

写真拡大
写真14:秋月橋
図拡大
図6:アニメ2話での一コマ

と、長くなってしまったので一旦ここまで。下鴨神社、賀茂大橋、出町桝形商店街 編に続きます。