使い方

  1. 何ができるサービス?
  2. 必要なもの
  3. 事前準備
  4. 頒布当日の操作
  5. バーコードリーダーによる操作(オプション機能)
  6. 諸注意とお願い

何ができるサービス?

コミックマーケットなどの同人作品即売会において、ボタン操作のみで在庫情報を随時ツイートするシステムです。

即売会で、頒布をする片手間にモバイル端末で在庫状況を打ち込んでツイートをするのは手間ではありませんか? このシステムでは、事前に頒布物の情報を登録しておけば、当日はボタンを押すだけで在庫数をツイートで告知することができます。

さらに応用として、バーコードリーダーによる操作にも対応しています。

必要なもの

  • Twitter アカウント
  • モバイル機器(ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど)
  • 会場でのネットワーク環境

Windows, macOS, iOS, Android 等、端末の OS の種類は問いません。

事前準備

ご自身の Twitter アカウントでログインします。

アカウントを複数お持ちの方は、ツイートを行うアカウントでログインしてください。

画像拡大

いったん Twitter のサイトに移動し、当アプリケーションが求める権限が確認できます。

自動でツイートを行うため書き込み権限を必要としており、「新しくフォローする」などの表示が行われますが、当アプリがユーザーをフォローしたり、プロフィールを更新することはありません。

画像拡大

ログインできたら頒布物のデータを登録します。登録データは後で修正可能です。

画像拡大

頒布当日の操作

会場にて、頒布物が一つ渡るごとに「頒布」ボタンを押します。

画像拡大

ログインしている Twitter アカウントで、在庫数に応じてツイートが行われます。

在庫数100以上50ごとにツイート
在庫数10~9010ごとにツイート
在庫数1~5毎回ツイート
在庫数0頒布終了のメッセージをツイート

実際のツイートサンプルを @coterie_stock(Twitter) で公開しています。

画像拡大

バーコードリーダーによる操作(オプション機能)

応用として、バーコードリーダーによる操作をすることもできます。

バーコードリーダーによる操作デモ(字幕機能をONにしてお楽しみください)

バーコードリーダーの準備

パソコンやタブレット、スマートフォン等に接続できるバーコードリーダーを用意します。ご自身のマシンに合ったものであればなんでも構いませんが、以降は私が購入した SD-120(champtek製) を例に説明をします。

バーコードリーダーの設定

パソコン等に接続できるバーコードリーダーは、たいてい読み取った文字列の後に改行やタブなど制御文字を付与する機能があるので、改行を設定してください。

画像は SD-120 のセットアップマニュアル(部分)です。

画像拡大

バーコード付き頒布リストの印刷

作品一覧の下にある「頒布リスト(印刷用)」ボタンを押すと、PDFでバーコード付きの頒布リストが出力されるので、印刷して会場に持ち込みます。

お持ちのバーコードリーダーがコンピューター画面からの読み取りに対応している場合は必ずしも紙に印刷する必要はありません。

画像拡大

頒布時の操作

頒布当日、「バーコード入力モード」ボタンを押します。ボタンのアイコンが緑色のチェックマーク に変化します。

ボタンのフォーカスが外れると、入力モードではなくなってしまいます。

画像拡大

各作品の「頒布」ボタンを押す代わりにバーコードを読み取ります。

基本的にはキーボードやタッチによる操作は不要で、次々にバーコードリーダーで読み取っていって構いませんが、読み取りエラーなどがあるかもしれないので、画面の確認は毎回行うことをお勧めします。

誤って違うバーコードを読み取ってしまった場合や何らかのエラーが起こった場合は、通常の画面操作による修正作業が必要です。

画像拡大

諸注意とお願い

  • 登録データの消失、誤ツイート等、いかなる理由においても損失の補償は致しかねます。

  • 不具合を発見されましたら、@SaekiTominaga(Twitter)またはEメール saekitominaga[at]w0s.jp にてご連絡いただけると幸いです。

    メールアドレスの [at] は @ に置き換えてください。